馬油をまつげに塗る

| 未分類 |

 

 

2、3年ほど前だったと思いますが、若い女性へのアンケートで、化粧品を一つだけ持っていけるとしたら何を選ぶかという質問に、「マスカラ」と答えた方が最も多かったそうです。

 
事実、マスカラだけでなく、エクステで毛を増やしたり、パーマ、ホットビューラーできれいなカールをつけるなど、凝ったアイメイクをする方がずいぶん増えています。アイメイクがメーキャップの中でいかに大きなウエイトを占めているかが分かりますね。

 
ですが、一方で、日々のケアに気を使っているという方はあまりいないのではないでしょうか。ヘアメイクでパーマをかけたりヘアアイロンを使うと髪は傷みます。コンディショナーを使ったり、地肌のケアをしている方もいるでしょう。

 
アイメイクも同じことがいえます。目元は肌が薄くデリケートですから、刺激の少ないケア用品を選びたいですね。

 
おすすめは馬油です。馬の脂は人の皮膚に不可欠な不飽和脂肪酸が60%以上も含まれており、このバランスは人間の皮膚とよく似ています。そのため、肌につけるとスムーズに浸透します。

 

動物性の脂肪ですが、融点が低く融けやすいため、ごしごしすりこむ必要もなく、デリケートな部位に使うには向いたオイルです。抗酸化力、保湿力にもすぐれており、実際昔から火傷の治療にも使われてきました。

 
土台になるまぶたの肌が健康になることで、毛も健やかに美しくなりますよ。